ねずみの色々な駆除方法

日本には27種類のねずみがいます。そのうちのどぶねずみ、くまねずみ、はつかねずみが家屋、またその周辺に住みつきます。そして、私たち人間に対して、糞で屋内を汚す、食べ物や家具、配線などをかじるなど、色々な被害をもたらします。その巣に寄生する吸血性のダニの被害もあります。巣を離れたダニに吸血されることがあるのです。電気設備を故障させたり、火災を起こしたりすることもあります。上記のような被害をもたらす、ねずみの駆除の方法を説明します。まず侵入されないよう、食べ残した物はすぐに片付けるようにしましょう。巣を作られないよう、材料になる新聞紙やビニール袋、布などをしっかりしまっておくことも大事です。侵入口の割れ目や隙間、また配管には金網や防鼠ブラシ、防鼠パテでふさぎましょう。鋭いトゲのついた鋼のプレートを用いても良いでしょう。配線、電気設備にカプサイシン系の忌避塗料を塗ることも有効です。捕獲することができる、カゴ、圧殺式捕鼠器、とりもちなども有効です。また、毒餌や殺鼠剤で駆除することもできます。毒餌に関しては、まずヒエやアワ、ヒマワリの種など無毒餌を容器に入れておきます。お菓子や食パン、またごま油などでも良いです。無毒餌を食べ慣れた頃、殺鼠剤などを混ぜた毒餌に変えます。毒餌を作る際は手袋、マスクを付けましょう。上記などの方法で駆除するにあたって専門知識が要ります。業者に依頼すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です