ねずみ屋根裏が気になる時は

ねずみはとても厄介な害獣です。家の中の食べ物を食い荒らされたり家財をかじられたりする害だけではありません。ねずみはあらゆる病原菌の媒介者としても有名です。抵抗力の低いお年寄りがいる家庭や、小さな子どもがいるとなお心配です。入ってきてしまったねずみは駆除しなければなりません。特にその存在を感じるのが屋根裏です。ねずみ屋根裏を対策する方法にはいろいろな種類があります。最もポピュラーで簡単なのが粘着シートタイプの罠です。ねずみ屋根裏で物音がする場合は少なくとも通り道として使用しているので、仕掛ければ高確率で駆除することができます。仕掛ける時のコツは、たくさんの量を一気に仕掛けることです。少しの隙間でもねずみは逃げてしまうので、びっしりと敷き詰めるくらいの量が必要です。毒の餌を仕掛ける方法もあります。確実に食べさせるために、ねずみの好きな食べ物や家で被害に遭っている食べ物に混ぜると良いです。その他バネ式の罠や籠に追い込むタイプの罠も使えます。ただ、これらを駆使してねずみ屋根裏の駆除に成功してもそれだけでは不十分です。侵入経路を塞いでしまわないと、また入って来られるからです。外から家への侵入経路、屋根裏への侵入経路を完全に塞ぐことが重要です。硬く鋭いねずみの歯に対抗するため、分厚く堅い板や、今は侵入経路を塞ぐ用の頑丈な金網などが売られていますのでそれを利用するのも良いです。今いる屋根裏のねずみを退治し、侵入経路を塞げば万全です。

ねずみ駆除をするには、自分で対策か業者に依頼

自宅にねずみがでてしまうと、いろいろな被害がでてしまい、また、その家からなかなか出て行かない場合には、被害が増えてしまうため、そのような状況を回避するためには、自分で対策をしていくことも大切です。食料品のたぐいなどは、かじられてしまうとまずいので、きちんとした場所にしまうことが重要です。お米などに関しても、袋に入っている状態でそのまま対策をせず放置していると、袋を食い破られて中身を食べられてしまうこともあります。野菜や果物なども食べられてしまうため、それなりに丈夫な箱やケースにしまったりして、きちんと対策をしましょう。また、室内をしっかりと掃除をしておき、ねずみが走り回った場合に、物陰に潜まれないようにしておきましょう。その後、いろいろなねずみの駆除のための市販グッズを購入し、それを室内や屋根裏などに仕掛けておきましょう。また、一匹による被害なのか、複数による被害なのかで、対応なども変える必要もあります。状況によっては、ある程度の費用がかかっても業者にねずみ駆除を依頼したほうがいいケースも考えられます。自分の家の被害の状況などを自分なりに考慮して判断し、自分で対処すれば、解決するのかそれとも業者に依頼したほうが早期解決になるのかなどを考慮して一番いい方法で対処しましょう。駆除グッズの購入費など費用の面においても、業者に頼んだほうが高くなることが多いですが、早期解決につながるならば、被害などを考えるとそちらのほうがいい場合もあります。

ねずみ駆除ならプロに任せるのも一つの手

ねずみは我々に最も身近な害獣と言えます。いつの間にか家の中に侵入し、生活を脅かします。食べ物を食い荒らされたり、家財をかじられたりする実害の他に、ノミなどの被害もあります。家の中に急にノミやダニが増えたと感じたら、それはねずみのせいかもしれません。病原菌の媒介者としても有名なこの害獣は、駆除しなければなりません。しかし、この害獣を駆除するのは簡単ではありません。警戒心が強く用心深い上、賢さも持っているので罠にかかりにくく、一網打尽にするのは困難です。また学習能力が高いので、一度仕掛けられた罠にはかかりにくくなってしまいます。今家にいるねずみを駆除できたとしても、侵入経路を塞がないとまた入って来られてしまう可能性大です。そんな時は、専門家に頼むのも一つの選択肢です。ねずみ駆除のプロに頼めば、確実に家の中から排除してくれます。ネズミ駆除の方法はとても丁寧で、下調べから入念に行います。そしてその家に最適な罠を仕掛けますが、その数に素人はびっくりしてしまいます。一気に勝負をつけるために、大量に仕掛けるのです。粘着シートタイプの罠なども、隙間なくびっしりと置きます。逃げるスペースを与えません。侵入経路も完全に塞いでしまいます。家の中から排除し、新たな害獣も入って来ないようにしたら完了です。多くの専門業者はアフターフォローも実施してくれます。数週間や数ヶ月後に再びチェックし、ねずみがいないか確認してくれるので安心です。駆除は素人が手探りで行うより、経験豊富なプロに依頼する方が確実です。

ねずみの色々な駆除方法

日本には27種類のねずみがいます。そのうちのどぶねずみ、くまねずみ、はつかねずみが家屋、またその周辺に住みつきます。そして、私たち人間に対して、糞で屋内を汚す、食べ物や家具、配線などをかじるなど、色々な被害をもたらします。その巣に寄生する吸血性のダニの被害もあります。巣を離れたダニに吸血されることがあるのです。電気設備を故障させたり、火災を起こしたりすることもあります。上記のような被害をもたらす、ねずみの駆除の方法を説明します。まず侵入されないよう、食べ残した物はすぐに片付けるようにしましょう。巣を作られないよう、材料になる新聞紙やビニール袋、布などをしっかりしまっておくことも大事です。侵入口の割れ目や隙間、また配管には金網や防鼠ブラシ、防鼠パテでふさぎましょう。鋭いトゲのついた鋼のプレートを用いても良いでしょう。配線、電気設備にカプサイシン系の忌避塗料を塗ることも有効です。捕獲することができる、カゴ、圧殺式捕鼠器、とりもちなども有効です。また、毒餌や殺鼠剤で駆除することもできます。毒餌に関しては、まずヒエやアワ、ヒマワリの種など無毒餌を容器に入れておきます。お菓子や食パン、またごま油などでも良いです。無毒餌を食べ慣れた頃、殺鼠剤などを混ぜた毒餌に変えます。毒餌を作る際は手袋、マスクを付けましょう。上記などの方法で駆除するにあたって専門知識が要ります。業者に依頼すると良いでしょう。

超音波を使うねずみ駆除とは

ねずみ駆除においては、これまでは罠を仕掛けることで行われていましたが、比較的新しい方法として超音波の利用も行われています。通常、人間が聞くことができる音は約20Hz~20kHzとされ、他の生き物に比べて範囲が狭いとされています。ネズミ駆除の超音波は人間が感じることの無い、ねずみが嫌がる音を出すことで効果を得る方法となっています。音による方法は、ねずみ駆除としては追い出すことや寄せつかせないことを目的として行われ、現在は様々な商品が販売されています。設置方法も簡単に行うことができるようになっており、多くはコンセントに差し込むだけで効果が期待できる商品になっています。機械ではないものの、新しい方法としては超音波発生アプリを使用する方法もあり、ここではスマートフォンで専用アプリをダウンロードすることでねずみの嫌がる音が出せるようになっています。超音波による方法の大きなメリットとしては手間がかからない点があり、設置する場所を選ぶことなく行えます。反面、固い物に跳ね返ってしまう性質を持つために障害物がある場合には効果が薄く、そのために複数の設置が必要となります。また、室内などで近くにカーテンがある場合には吸収されてしまい、仮に効果があったとしてもねずみは音が届かない場所に移動するだけとなります。超音波による方法でよく指摘される内容としてねずみの音への慣れがあります。最初は効果が見られるもののその後、元の状態に戻ってしまったという声も聞かれ、使用をする場合には正しい設置方法や、どのようなねずみに効果があるのか事前に確認をすることが必要になります。